【3/4(土)@神戸大学】西日本地方会ユースフォーラム

投稿日: カテゴリー: 勉強会班

【3/4(土)@神戸大学】西日本地方会ユースフォーラム
【申し込み】https://goo.gl/forms/MwdcNzFoZsNR9jVn2

災害に直面したとき、どうすればよいのか、どのような言葉をかけ接したらよいのか。

2か月後に熊本地震から1年、1か月後には東日本大震災から6年、
そして阪神・淡路大震災から22年が経ち、日本では甚大な被害をもたらす災害が多く起こっています。
また、ネパール地震、インドネシアの津波、バヌアツのサイクロンなど、
世界のいたるところでも災害が発生しています。

しかし、このような事態を目の当たりにしたとき、私達自身が何か被災地に
協力したいと考えても実際どのような行動を取ればいいのかわからない人が
多いのが現状ではないでしょうか。
また、正しい知識がなければボランティアなどに参加して
無意識に被災者を傷つけてしまうような行動や発言をしてしまうかもしれません。

今回は海外の自然災害(バヌアツのサイクロン)と国内の自然災害(熊本地震、東日本大震災)において現地で実際に関わられた専門家をお呼びし、
日本・世界の災害について災害時の被災者、医療従事者の様子や
被災地の被災後の現在、支援の状況について、
また自分たちが現地に関わる際に何ができるのかについて
講義・ロールプレイを通じて学びます。

第1部では、バヌアツのサイクロン災害事例をもとに政府とNGOで国際協力することの役割と、熊本地震時の状況と現状、今後についてご講演いただき、
第2部では、子供のための心理的応急措置(Psychological First Aid: PFA)
を含めた災害時のメンタルヘルスについて、ロールプレイも含め実践しながら
学んでいきます。

本西日本地方会ユースフォーラムは、日本国際保健医療学会第35回西日本地方会の学術大会に合わせて開催される、学生部会主体の企画となっております。

皆様のご参加をお待ちしております!

—————————————————————————————
■企画概要
—————————————————————————————
【タイトル】
自然災害と向き合う
―バヌアツのサイクロンと熊本地震から、災害時のメンタルヘルスまで―

【日時】2017年3月4日(土)14:00~16:30 (受付開始:13:30)
【開催場所】 神戸大学六甲台第二キャンパス
【対象者】災害医療、国際協力、国際精神保健に興味をもっている方 (高校生・大学生・社会人の幅広い層を対象とする)
【費用】一般1500円、学生1000円(学会参加費含む)
【申し込み】https://goo.gl/forms/MwdcNzFoZsNR9jVn2

【内容】
第1部(14:10~15:10)
河嶌讓先生:政府とNGOで国際協力することの役割 ―バヌアツのサイクロン災害事例をもとにー
香田将英先生:熊本地震時の状況と現状、今後について

質疑応答

第2部:(15:20~16:20)
河嶌讓先生:
子供のための心理的応急措置(Psychological First Aid: PFA)を含めた災害時のメンタルヘルス

【講師紹介】
・河嶌讓先生
(国立病院機構災害医療センター臨床研究部 厚生労働省DMAT事務局/DPAT事務局)

ご経歴:
平成17年日本医科大学医学部を卒後、同付属病院にて臨床研修修了後
同院精神神経科へ入局し、精神科医として従事し精神保健指定医取得。

平成22年国立病院機構災害医療センター救命救急科へ移り、
救命救急医として従事東日本大震災では災害派遣医療チーム(DMAT)の隊員として震災当日から被災地(主に宮城県)入りし7日間救護活動。
その後、精神科医として宮城県気仙沼にて10日間救護活
以降、福島県避難地区へ定期的に健康相談活動。

平成24年7月から厚生労働省社会・援護局に
医系技官(心の健康づくり対策官)として出向し、
災害派遣精神医療チーム(DPAT)の設立に携わる。
平成26年4月より国立病院機構災害医療センター日本DMAT事務局に移り、
DMATおよびDPATの体制整備を行いながら、
救命救急医、精神科医としても臨床に従事
2015年3月に発生したバヌアツ共和国におけるサイクロン災害にも、
直後より支援に入るなど海外支援も行っている。
今回の熊本地震災害においては、急性期はDMAT事務局員として、
亜急性期はDPAT事務局員として現地に入り支援活動を行った。

・香田将英先生
(熊本大学医学部附属病院地域医療・総合診療実践学寄附講座 医員)

ご経歴:
2014年熊本大学医学部卒業。2016年より現職に就きつつ、
同大学の公衆衛生学博士課程に在籍中。
熊本地震発災後は、
日本プライマリ・ケア連合学会の災害支援チーム(PCAT)メンバーとして、益城町に入り多岐にわたる支援を行った。

この経験と反省を活かすべく、
「子どものためのPsychological First Aid(PFA)」
トレーナー資格を取得。
また,「人道支援における支援の質と説明責任(Quality &Accountability)」トレーナー資格を取得予定。

♢Facebookイベントページ♢
https://www.facebook.com/events/387365531627032/

―――――――――――――――――――――――
申し込みは以下フォームから。
皆様のご参加を心よりお待ちしております!