第8期代表挨拶

jaih-s第8期代表
小淵 香織(徳島大学医学部医学科4年)

jaih-sホームページをご覧の皆様

こんにちは!jaih-s第8期代表の小淵香織です。
この度はjaih-sのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

私が初めて国際保健医療に興味を持ったのは、人種も国籍も違うスタッフが途上国での医療活動を行っている様子をテレビで見たことがきっかけでした。こんなにも劣悪な環境で生活している人たちが世界にはたくさんいるということがとても衝撃的であり、世界の矛盾を強く感じました。と同時に、自分の国ではない所で、真摯にいのちと向き合って活動しているスタッフの姿に心打たれ、私も人間の根源である「いのち」を取り巻くところで働きたいと思うようになりました。

日本の学生の中にも、国際保健医療に少しでも興味がある人は実はとても多いと思います。途上国での保健医療活動、WHOなどの国際機関で働くこと…きっと、このページを見ている方は、そういったことにちょっとした(もしくは大きな)興味や憧れを抱いていることと思います。
そこで、8年目を迎えたjaih-sでは、『発信力』という理念を掲げました。
学術的な交流の場である学会の学生部会という特徴を生かし、国際保健医療の最前線を発信し、興味を実際の行動へ繋げる機会を提供することで、国際保健医療を志す全ての人の拠り所としてあり続けたいと思っております。

日本各地での勉強会、学会と同時開催のユースフォーラム、合宿形式で国際保健医療にどっぷり浸かるトレーニング合宿、そして実際の現場を体験する海外でのフィールドマッチング。国際保健医療にちょっと興味がある、という方から、本気でキャリアアップしたい!と考えている方まで、どんな方でも満足できる企画がjaih-sには揃っています。
また、このホームページだけでなく、facebookやtwitterでも情報発信を行っているので、是非チェックしてみてください。

世界のいのちのために、学生だからできること、始めてみませんか?
今後ともjaih-sをよろしくお願いします。

小淵香織